大阪の就労移行支援事業所ナビ

執筆者について

ポメラニアン2号

ポメラニアン2号

趣味は外国の貨幣収集。犬2匹飼育中。30代男性です。主に大阪にある障害者の社会進出に役立つ情報を発信しています。

最新の特集

注目の特集

国内・海外問わずあれば助かるモバイルルーターはWIFI短期レンタルで解決!

2019.01.18

スマホの普及で場所を選ばず調べ物をしたり、SNSで人と繋がれるようになったりしており、インターネット環境の重要性が格段と増しています。国内を見てみてもオリンピックに向けて急ピッチでフリーwifiスポットが整備されていますが、不特定多数の人が利用できるwifiスポットはどうしてもセキュリティ対策が十分ではないので情報漏えいやウィルス感染などのリスクが高くなってしまいます。個人情報が漏えいされると悪用される危険性が高いのでスマホや仕事用のモバイル端末及びパソコンなどをつなげるのは注意したいところです。とは言っても、モバイルwifiを購入すると毎月固定で費用が発生するうえに、契約期間に縛りがあるため、中途解約してしまうと高額な違約金が発生してしまうので旅行や出張など短期間のために購入するのは非現実的でお金も勿体ないです。そこで活躍するのがwifi短期レンタルです。wifi短期レンタルでは、1日から最長180日まで期間を決めて借りることができるので、必要な時に必要なだけ高速インターネット通信を利用することができます。また、セキュリティに関しても接続が暗号化されており、第三者からは傍受できない仕組みになっているので安心・安全にインターネットを利用することが可能です。wifiレンタル料金も1日300円程度で借りることができるので、経済的負担も軽くて済みます。そんなwifiレンタルは、国内および海外向けサービスを合わせると多くの会社が参入しています。そこでオススメなのがwifi短期レンタルの比較サイトで各社の料金やサービス内容を確認することです。wifi短期レンタルは、レンタル料金だけでなく送料や受取手数料など発生するので、レンタル料金だけ注目しても合計金額を比較するとレンタル料金が安い会社が一番お得とは限りません。また、wifi短期レンタル各社では、キャンペーン企画を頻繁に行っているので、タイミングが良ければ通常よりもお得に利用できる場合があります。なので、wifi短期レンタルの比較サイトを活用してぜひお得なサービスを見つけましょう。

http://wifi短期レンタル.net/

モバイルピースは低価格で利便性が高い!

wifiレンタルの各種ランキングで上位にランクインしているモバイルピースは、国内向けのサービスなかでも高い人気を誇っています。特に最近では仮想通過であるビットコインで決済できるサービスを導入したことで注目されています。国内向けのwifiレンタルの場合は、送料が発生してしまうのが一般的ですが、申込後に本社まで直接端末を取りに行った場合は送料が無料になるケースが多いです。しかし、多くのwifiレンタルサービスは本社が東京にあり、東京在住の人しかオトク感がありません。なぜなら、往復の交通費を考えると送料1080円を負担したほうが安上がりとなる人がほとんどだからです。しかし、モバイルピースの場合はちょっと違います。モバイルピースでは、受取カウンターを東京のみならず、札幌と福岡にも設置しているため、より多くの人が送料無料の恩恵を得ることができます。さらには、東京・札幌・福岡以外の人でもLINE登録を行えば送料無料となるキャンペーンが不定期で実施されているのでLINEを使えば送料無料とすることができます。LINEなら簡単に申込もできるうえ、送料無料の特典もついてくると多くの人から支持されています。レンタル料金は国内wifiレンタル勢の中ではトップクラスの低価格プランを設置しており、短期間から長期間にかけてお得に高速インターネット通信が場所を選ばず楽しめます。しかも、扱っている通信会社は偏りがちですが、モバイルピースでは、Softbank・docomo・Ymobile・WiMAXを網羅しています。なぜ多くの通信会社を取り扱っているのが良いかというと、通信環境は場所によって感度の良さが異なってくるからです。たとえば、WiMAXは屋内に弱かったり、Ymobileは山間部などの郊外では感度が弱かったりするからです。自分が利用する地域に合った通信会社を選べるのはモバイルピースの魅力であり、満足度の高いネット環境が得られるとうことです。というのも仮にレンタルして通信できなかった場合でも自己責任として保証されないwifiレンタルがほとんどです。そのため、まずは自分が利用する地域に強い通信会社かどうかを確認してからレンタルすることをおすすめします。そのうえで選択肢の豊富なモバイルピースは非常に使い勝手が良いということになります。

旅行や出張だけでない!wifiレンタルが役立つシーンを紹介

wifiレンタルは旅行や出張の際に外出先でセキュリティ対策しっかりした環境下で高速インターネットが使えるため人気があります。しかし、wifiレンタルの利便性の高さはそれだけではありません。他にも様々な使い方によって日常生活を便利にかつお得に過ごすことができるので、ここでは主なwifiレンタルの利用法を紹介したいと思います。まず、wifiレンタルは必要な期間だけ1日から最長半年まで使えるので、引越しなどで固定回線を引くまでの間利用することで、インターネット環境の心配がなくなります。3月など繁忙期に引越しを行うと回線工事も都合の良いスケージュールで申込めない可能性があります。そんな時は、回線工事が終わるまでwifiレンタルを利用してインターネット環境を整えている人が沢山います。次に、入院中にwifiレンタルを利用して病室でインターネットを使えるよう手配する人もいます。入院中は暇になりがちで1日が非常に長く感じがちです。しかし、インターネット環境があればネットサーフィンやゲームができるのはもちろん、仕事だってすることが可能です。入院生活をより快適に過ごすためにもwifiレンタルを利用するのも1つの方法です。入院は限定的で1ヶ月くらいで退院となるケースが多いので、モバイルwifi端末を申し込んでまで準備するのは勿体ないです。初期費用や早期解約時の違約金などが発生するからです。期間限定でかかる費用は送料とレンタル料金くらいなので最も支出を抑えてインターネット環境を準備できる方法となります。そして、最後にwifiレンタルを利用する人の中には、お試し感覚で借りる人もいます。というのもスマホ端末と同じようにwifiモバイル端末も販売サイクルが短くどんどん新機種が誕生して速度アップやバッテリー性能が上がっています。そこで、最新機種をいきなり購入するのではなく、まずはレンタルで使ってみるという方法があります。これなら機種選びに失敗してもレンタルう料金だけで済むことができるからです。特に、通信会社によっては郊外や屋内、山間部など場所によって受信感度が弱いケースがあるので、自分が日頃使用するエリアでは快適にインターネットが利用できるかwifiレンタルで事前に確認しておくことをおすすめします。せっかく高額な端末を購入しても、住んでいる地域では接続環境が良好でなかった場合は使い物になりません。しかも、長期契約なら解約できないという二重苦となります。wifiレンタルを賢く活用して快適なインターネット生活を送れるよう工夫してみましょう。

wifiレンタルの保証プランは必要?

wifiレンタルは1泊2日の短期間から半年以上の長期間まで柔軟に利用できることで人気があります。スマホ同様にwifiレンタルで貸し出すモバイルwifiルーターは高性能端末であるため、どうしても損傷や紛失した場合の修理費用や弁済金が高額化してしまいます。特に盗難や紛失によって端末が手元から無くなってしまった場合は4万円ほどの弁済金支払いの義務が生じてもおかしくありません。そこでwifiレンタル各社では救済措置としてオプションで加入できる補償プランを用意しています。短期間しかレンタルしないから大丈夫だろうと思う人もいるかもしれませんが、いつモバイルwifiルーターにトラブルが生じるかは誰にも分かりません。1泊2日wifiレンタルでトラブルに見舞われる人もいれば、1年間レンタルしてもトラブルが生じない人もいます。こればっかりはリスクヘッジの保険のようなものなので、保障プランに加入して万が一のリスクに備えましょう。特に海外向けのwifiレンタルの場合、国によっては置き引きやスリの被害が多い地域もあるので、保障プランへの加入が重要です。ただし、注意したいのはwifiレンタルによって補償範囲や料金が異なってくることです。補償範囲が狭いケースとしては、盗難・紛失の際の免除額が低い、あるいは補償対象がモバイルwifiルーター本体のみとなっており、充電器など附属品は補償対象外としている場合があります。逆に海外向けのwifiレンタルで多いのが、保障プランに加入しておけば、モバイルwifi端末以外にも携行品や航空機の遅延損害も補償してくれる手厚いサービスがあります。補償プランは強制加入ではありませんが、万が一トラブルに遭った場合はレンタル料金よりも高額な出費が必要なケースもあるので、補償プランに加入しておくことをおすすめします。上記で紹介しているwifiレンタルの比較サイトでは、補償プランの内容でおすすめのサービスを紹介しているページもあるのでぜひ参考にしてみてください。

wifiレンタル利用の流れ

wifiレンタルは1日単位で料金プランが設けられているので、自分が必要な期間だけ費用負担をすれば済み無駄がありません。したがって、旅行や出張など購入する必要までないけど、外出先でインターネットを利用したい人から高い支持を得ており利用者数を伸ばしています。そんなwifiレンタルは利便性が非常に優れておりリピーターが多いのが特徴です。wifiレンタル会社を選んだらインターネット上から注文を行い料金の決済もクレジットカードで行えます。ドコモやソフトバンク、au、WiMaxなどから好きな機器を選んでレンタル期間を設定して申し込みます。そして、夕方までの注文であれば当日出荷に対応しているwifiレンタルも多く、次の日には手元に届くので急にwifi環境が必要になった際も安心です。しかも受取場所は自宅以外にも空港や宿泊先など指定できるので仕事が忙しくて自宅を不在にしがちな人でも確実にwifi機器を受け取ることが可能となります。特に空港受取が可能なwifiレンタルは、出国の際に一緒にwifiレンタルを受け取れるのでスムーズに借りることができます。また、一時帰国でwifiレンタルを利用しようと考えている人も空港で端末の受取などができるほうが、宿泊施設で受け取るよりも確実です。特に宿泊施設等での受取を希望する場合は、自分が泊まる予定のホテル等に事前にwifiレンタルの受取が可能であるかを確認しておくと良いでしょう。後々のトラブル回避にもつながります。旅先でwifiレンタルの機器や通信状況についてトラブルがあった場合はカスタマーサポートに問い合わせると良いでしょう。海外向けのwifiレンタルでも日本語で対応してくれます。また、試用する場所が郊外や海辺・山間部である場合は、感度が悪いことが考えられるのでレンタルする前に確認しておくことをおすすめします。最後に利用が終わったらwifi機器を返却する必要がありますが、この場合は延滞料金が発生しないよう注意が必要です。空港に窓口や返却ボックスを設けているwifiレンタルは多く、帰国したついでにそのまま返却できるのでうっかり返すのを忘れる事態を回避できます。なお、空港に返却場所がない場合は、郵便や宅配便で返送する必要があります。

海外向けのwifiレンタルでWi-Ho!が人気な理由

Wi-Ho!は、テレコムスクエアとう会社が提供する海外向けのwifiレンタルサービスです。ビジネス出張や旅行で海外に行く人が利用するwifiレンタルの中でも特に人気の高いサービスです。他の海外wifiレンタルと異なるのが、送料無料というシステムです。外出先でインターネットを利用する際はモバイルwifiルーターと呼ばれる機器が必要となりますが、郵送で自宅に届けてもらうため送料が発生してしまいます。送料だけでレンタル料金1日分に相当するプランもあるなど決して安い費用負担ではないので、送料無料のwifiレンタルは人気があります。また、他社では空港受取を選べば無料としているケースもありますが、自宅のほうが確実に受け取れるため利便性が高いです。ただし、Wi-Ho!でも返却時は空港返却を利用しないと宅配や郵送の場合は自己負担となるので注意が必要です。さらに、送料無料だけでなくレンタル料金もお得に設定されているのがWi-Ho!の強みです。レンタル料金が高ければいくら送料無料と言えども他社よりも高くなる可能性があります。しかし、Wi-Ho!は業界でも割安な料金プランを提供しており、北米なら1日750円から利用可能となっています。しかも4G対応なので高速インターネット通信が可能となっており、動画視聴などもストレスフリーで利用できるのが嬉しいポイントです。また、アジア複数ヶ国で利用する人にお得なアジア周遊プランは他社よりも安い料金体系となっているので、アジアへの旅行や出張の予定がある方はWi-Ho!のwifiレンタルを候補に入れてみてはいかがでしょうか。

page top